以前書いた「イベント応援要請について」に似た話で、今回は「応援にいく場合のSEA的なスタンス」についてお話ししたいと思います。
配信者さんの考え方によって様々だと思いますので、読まれる方は「これがSHOWROOM での標準」とは思わないでください。
※例によって長いです!しかも後半は脱線しますw

前回までの話

無礼な方や配信の流れを邪魔する宣伝活動のコメントには厳しく対応しています。基本は無視ですが度を越えればブロックします。「カウントしとけば見返りに宣伝してくれるだろう」的なあからさまなケースも無視しています。(※知っている方からのすこカウント自動コメントの事ではありません)

しかし、僕の配信を楽しんでくれている方に関しては盛大に宣伝していますし、応援にも行っています。知り合ったばっかりだとしても共感できる方の配信であれば紹介しています。
このページだけを読んだ方は「SEAルームは応援してくれる部屋」と短絡的に勘違いするかもしれませんので必ず「イベント応援要請について」を先に読んでください。

影響力について

これに関しては配信者さんによってかなり意見がわかれるでしょう。
大手と呼ばれる配信者さんのなかには「一切リスナーとしての活動はしない」方もいらっしゃいます。
また、各ルームでどの程度貢献しているかを見て「あそこにはこれだけ投げて、うちにはなんでこれだけ?」と他枠のリスナーさんが配信者に詰め寄っているシーンも過去に見た事があります。
それをつきつめていくと、コメントすらもポイントになるので配信者はどのルームへも行けないという事になってしまいます。
僕の場合はSHOWROOMはリスナーとしていろんな配信者さんと話すことも楽しみです。
なのでリスナー活動を一切しないという選択肢は僕にはあり得ません。

また、僕が配信やTwitterなどで宣伝、または応援先でギフティングすることによる影響力までは考えていません。僕が紹介している配信者が気に入らないリスナーさんもいると思います。各リスナーさんの判断で、行く人もいれば行かない人もいるでしょう。強制はしていません。
僕の影響で行ったとしても、つまらなければそれ以降は行かなくなるでしょうし、楽しければ行き続けるでしょう。そこはその配信者さんの力量です。

「今日、こんな美味しいもんを食べたよ」「楽しい事があったよ!」って報告するのと同じように、共感したり熱くなればルームで紹介します。
公式配信者はあくまでも配信者であり、SHOWROOM 運営ではありません。公平さは僕は考えません。
優しくされればえこひいきも当然です。人間だもの。。。あ、猫だもの(笑)

見返り?

「次にSEAがイベント出る際の応援を期待してるのでは?」と下世話なことを考える人もいるかも知れませんが、僕の場合は皆無です。
自分のイベントで勝てるか勝てないかは、所詮日頃の配信で共感してもらえてる人が居るか居ないかだけで、無理やり応援要請で来てもらってもそれはその一瞬だけの力にすぎません。なので見返りに期待はしていません。

リスナー数

「いやいや、それはアンタ1600人もリスナーが居るから言えるんやろ?」て思う方もいると思いますが、僕の配信コンテンツは「その瞬間に楽しむ」ものばかりなので、継続したファンを作れるものじゃないんです。とくにカラオケ枠はリクエストを受け付けないしトークもろくにしないし(笑)←反省しません!
だから新規リスナーが多少増える一方で、古参リスナーでも来なくなる方もいますし、「フォローしておいて遊べるときに遊びに行こう!」という方が人数を占めています。だから「アクティブ人数(活動している人数)」は結構少ないんです。

その証拠に、常にイベントに出ていても今年はずっとリーグB(※1)ですし、イベントの際にも1枠あたりの得られるポイント数はライバル枠よりも少ないケースも多く、配信時間の長さでどうにか差をつけている感じです。
でもね、、、それはそれでいいんです!
説明のために分析的な事を書いたけれど、来てくれるリスナーと楽しく過ごし、一緒にイベント達成を楽しみたいだけ。
勝てないとすればリスナーの数ではなく、自分の配信の魅力が足りないから、、、と僕の配信に関してはそう思っています。

※1:2020年6月1日のリーグ発表でようやくAに戻れました!

応援した先のルームのみなさんへ

僕が配信で紹介したり応援した配信者のみなさんも「前回、SEAルームに世話になったし…」と恩義で応援する必要はありません。ギブ&テイクはなし!
本当に応援したい、SEAルームで遊びたい…と思って来てくれるのが嬉しいです(^^)
僕が皆さんのところへ行くのも楽しみたいからです♪

最後に…

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
応援要請をしてでも勝ちたいイベントはもちろんあると思いますので、他ルームを否定する意味ではない事はご理解ください。
僕もいつか是が非でも勝ちたい時がくるかもしれません。
その時は、自身の宣伝活動はしませんがそのかわりルーム名に「ピンチ」と書きます。猫ならぬオオカミ少年にはなりたくないのでよほどじゃないと書きませんが。

Tags:

Comments are closed